• 「道北の自然史」飯塚睦氏(環境科学院写真コンテスト2019最優秀賞)
    2019年5月に行った猿払での泥炭コア掘削の様子。数千年前の泥炭コアを目前に,思いを込めて掘り進める。

  • 「崖っぷち(で)の研究」三木田涼佳氏(環境科学院写真コンテスト2019優秀賞)
    2019年6月、調査のため北海道根室市にある落石岬へ行きました。この写真は、灯台付近の崖の間際で、研究している自身の様子を撮影したものです。

  • 「おつかれさま。」棚田愛美氏(環境科学院写真コンテスト2019優秀賞)
    野外操作実験のプロット作りは、たくさんの人たちに協力してもらいました。

  • 「調査の日の朝」泉北斗氏 (環境科学院写真コンテスト2019優秀賞)
    調査の朝。緊張と楽しみが入り混じる中、日が出る前から調査地へ赴きました。調査を始めると朝日が昇ってきて私たちを応援してくれているかのようでした。

Public Activities

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University