Announce

アーカイブ  |
  
 投稿日時: 2019-07-22 16:34:57 (245 ヒット)
EES

環境科学院の皆様

「ベビーリーフの高品質・周年供給に関するセミナー・講演会」

 

北海道大学ロバスト農林水産工学研究プログラムの中で「環境ストレスによるベビーリーフの高品質化に関する国際連携研究」が遂行されています。この研究課題について、下記のセミナーや講義等を開催しますのでふるって参加下さい。ニコラ教授はベビーリーフや養液栽培研究の第1人者で、国際園芸学会副会長です。LED研究の先駆者である趙鉄軍先生は植物工場やLED研究の先駆者です。

 

7月25日(木)実務者セミナー 

植物工場&養液栽培事業者・種苗関係・研究者・普及技術者等対象。20-30名規模

 9:30-12:30セミナー:北大北方生物圏フィールド科学センター講義室

「環境ストレスとベビーリーフ品質」高濱雅幹(道南農試) 

「ベビーリーフの需要および養液栽培の改良」シルバーナ・ニコラ(トリノ大学)

「養液栽培での根域発達」趙 鉄軍(新潟食料農業大学)

 14:00アドワンファームでのフィールドシンポ(希望者のみ)

 

7月26日(金)専門講義と学生・市民講演会

 9:00-10:30 大学院生向け専門講義 シルバーナ・ニコラ教授「養液栽培の新技術」

北大北方生物圏フィールド科学センター講義室

14:00-16:00 学生・市民講演会 北大農学部大講堂

「ベビーリーフの生産動向と技術課題」(報告者調整中)

「植物工場での環境制御 温度、CO2と光」趙 鉄軍(新潟食料農業大学)

「ベビーリーフの世界・・生産・消費・技術」シルバーナ・ニコラ(トリノ大学)

 

ニコラ先生の講演は英語ですが、スライドには日本語説明が入ります。質問は日本語でも結構です。趙先生の発表は日本語です。

 

実務者セミナーは事前申し込みです。すでに20名以上の申し込みがあります。希望者は早急に連絡下さい。大学院講義と学生・市民講演会へは自由参加です。

申し込み・問い合わせ先

世話役:荒木 肇(北大北方生物圏フィールド科学センター)

araki@fsc.hokudai.ac.jp  電話011-706-3645

(お願い:メールの件名に ベビーリーフ と書いて下さい。)


 投稿日時: 2019-07-12 14:57:30 (394 ヒット)
EES

The Environmental Earth Science Seminar will be held as follows.

Location: D101 in GSES
Date and Time: 16:30-18:00 on July 18th (Thu)
Speaker: Marc Abrams (Department of Ecosystem Science and Management Penn State University)

Title: The impact of global change on tree species growth and dominance in the eastern U.S.

Abstract: Global change processes, including climate and natural and anthropogenic (land-use) disturbances have profoundly impacted tree dominance and growth rates worldwide.  To help decipher the relative importance of various drivers of forest change tree species/genera were partitioned into temperature, shade tolerance, and pyrogenicity classes and applied to comparative tree-census data.  We examined changes during the Euro-American period (ca. 1500 to present), which spans two major climatic periods, from Little Ice Age and the Anthropocene. We found that most tree species and age classes exhibited increasing basal area increment (BAI) and/or ring width index (RWI) in recent years.  This is particularly unusual for trees in the older age classes that we expected to have declining growth in the latter years, as predicted by physiological growth models.  There exists an inverse relationship between growth rate and increasing age class.  The oldest trees within each species have consistently slow growth throughout their lives, implying an inverse relationship between growth rate and longevity. Younger trees (< 60 years of age) within each species are consistently growing faster than the older trees when they were the same age resulting from a higher proportion of fast-growing trees in these young age classes. In contrast, changes in tree dominance were not highly consistent with warming. Instead, post-European settlement disturbance regimes mostly overrode climate signals across the eastern US. In the north, intensive and expansive disturbances resulted in the ubiquitous loss of conifers and a large increase in Acer, Populus, and Quercus in northern hardwoods, whereas to the south, these disturbances perpetuated the dominance of Quercus. Mid-twentieth century fire suppression led to large increases in Acer in the latter case, often leading to significant warm-to-cool shifts in temperature class. These series of studies helped elucidate the wide spread and profound impacts of global change on trees and delivered some unexpected results. The reasons for increasing tree growth in the study region and the main drivers of forest change will be discussed, including the climate-disturbance debate.

If you have any question regarding this seminar, please feel free to contact Shiro Tsuyuzaki (tsuyu@ees.hokudai.ac.jp).

Thank you for reading.
See you in D101 by 16:30 on July 18th (Thu).
Best,
ST

 


 投稿日時: 2019-04-26 16:36:50 (662 ヒット)
EES
Guidelines for applicants Master’s andDoctoral Courses have been updated. http://www.ees.hokudai.ac.jp/modules/top/entrance2.html

 投稿日時: 2019-04-26 10:08:06 (899 ヒット)
EES

今回のEESセミナーでは、新任の先生お二人にご講演いただきます。どなたでもご参加いただけます。様々な見地から幅広い議論をいただけましたらありがたく思います。

日時:2019年5月9日(木)18:15-19:45
場所:北海道大学大学院地球環境科学研究院D棟D201


講演題目1:哺乳類の味覚と腸内細菌の進化 〜チンパンジーとコアラを追いかけて〜
講演者:早川卓志(環境生物科学部門 生態遺伝学分野 助教)

要旨:
動物は種それぞれに固有の食物に適応している。それは環境から適切な食物を選び出す感覚能力と、それを消化して栄養にする生理機構を持ってるからだ。ゲノム・メタゲノム解析の手法によって、それぞれの動物は種固有の採食様式に最適化された味覚や腸内細菌を持つことが近年わかってきた。演者は、ヒトやチンパンジーを含む植物食に依存した霊長類の祖先で、苦味受容体遺伝子の個数がゲノム中で増加し、植物に含まれている毒の認識に寄与しているようだというということを発見した。苦味感覚適応が野生集団でどのような行動として発現しているかを知るために、野生チンパンジーを対象とした調査もおこなっている。味覚によって適切な食物を選択したあとは、適切に消化して栄養を吸収し、排泄しなくてはいけない。霊長類の糞便に含まれている細菌を次世代シークエンサーによって網羅的に調べるメタゲノム解析によって、採食品目の違いによる適応が生じていることが明らかになった。霊長類から外に目を向けたところ、樹上のユーカリの葉に強く依存しているコアラも、植物食霊長類と同様に苦味受容体遺伝子数が増加しており、適切なユーカリの葉を選択するように進化していることが示唆された。樹上性哺乳類が暮らす森で動物を追いかけて、採食生態に注目してゲノム・メタゲノムを解析する研究を確立していきたい。


講演題目2:生物多様性の見えざる脅威:騒音に対する生き物の応答とその帰結
講演者:先崎理之(環境生物科学部門 生態保全学分野 助教)

要旨:
全球レベルで進行する生物多様性の喪失の抑制は、人類共通の喫緊の課題である。従来、生物多様性喪失の主要因として、気候変動や生息地の分断化等の土地利用変化が注目されてきた。しかし近年、陸海双方に蔓延する騒音汚染の深刻な現状が明らかになり、生物多様性への騒音の影響が懸念され始めてきた。本講演では、騒音に対する動物の応答を、行動から群集レベルに至るまで調べてきた演者の研究を紹介し、生物多様性への騒音の影響の帰結を考える。なお、本講演では、カエルや鳥といった脊椎動物のみならずバッタやトンボといった無脊椎動物に関する話題も扱う。学生を含む様々な生物に興味を持つ方々の聴講を歓迎したい。


連絡先:北海道大学大学院地球環境科学研究院 生態遺伝学分野 越川滋行
koshi*ees.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えてご入力ください)

 


 投稿日時: 2019-04-23 16:28:30 (597 ヒット)
EES

Schedules for entrance examinations and information sessions of the fiscal year 2019 are available now. Information sessions for prospective students will take place in Sapporo, Tokyo, Osaka and Hakodate. Please come to the sessions to learn more about our school. Visit the link below for more information. http://www.ees.hokudai.ac.jp/modules/top/entrance0.html


(1) 2 3 4 »

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University