Ph.D.defense:博士論文審査会(2/5)

アーカイブ  |
専攻より
専攻より : Ph.D.defense:博士論文審査会(2/5)
投稿者 : emeditor 投稿日時: 2019-01-23 12:12:14 (365 ヒット)
下記の要領で学位論文公開発表会を行いますので、ご参集下さいますようお願い致します。
The Ph.D.defense of division of Environmental Material Science will be held as follows.

----------------------------------------------------------------------
日時:2月5日(火)13:00ー17:00
Date: February 5.(Tue)

場所:地球環境科学研究院 D101講義室
(発表30分 質疑20分)
Place: D101 at Graduate School of Env.Science

発表者:保田 修平 13:00ー14:00
論文題目:メタクロレインからメタクリル酸への気相選択酸化を促進する金属酸化物触媒の作用機構と新規触媒開発
(Mechanistic study on and development of noble metal catalyst for gas?phase oxidation of methacrolein to methacrylic acid)
主査:神谷 裕一
副査:八木 一三、野呂 真一郎、松橋 博美(北海道教育大学函館校 理科教育講座)

発表者:岩崎 光紘 14:00ー15:00
論文題目:有機配位子が関与する相互作用を通じた金クラスターの特性制御 
(Control of gold cluster properties through ligand-mediated interaction)
主査:小西 克明
副査:松田 冬彦、七分 勇勝、高野 勇太

発表者:小林 健太 15:00ー16:00
論文題目:アナタース型酸化チタンの特性と光触媒活性におよぼす粒子形状の影響に関する研究
(Study on influence of particles shape on characteristics and photocatalytic activity of anatase titania)
主査:大谷 文章
副査:神谷 裕一、八木 一三、高瀬 舞(室蘭工業大学大学院工学研究科)

発表者:遠藤 摩耶 16:00ー17:00
論文題目:Development of plasmonic photocatalysts for environmental purification with special emphasis on the mechanism of microorganisms’ inactivation
(抗微生物活性メカニズムに着目した,環境浄化を目的とするプラスモニック光触媒の開発)
主査:KOWALSKA EWA KATARZYNA
副査:大谷 文章、沖野 龍文、神谷 裕一


Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University