(Feb 9 and 10)Ph.D.defense:博士論文審査会(2/9,10):2/5更新

アーカイブ  |
専攻より
専攻より : (Feb 9 and 10)Ph.D.defense:博士論文審査会(2/9,10):2/5更新
投稿者 : emeditor 投稿日時: 2021-01-25 14:35:49 (402 ヒット)

 

下記の要領で環境物質科学専攻学位論文公開発表会を開催致します。

The Ph.D.defense in division of Environmental Material Science will be held as follows.

 

会場:地球環境科学研究院D101講義室及びオンライン配信

Venue: D101 at Graduate School of Env.Science and live streaming

 

※Zoomへの参加方法の詳細はメールでお問い合わせください。

Please ask us how to join the defense by using Zoom.

sfmc_office@ees.hokudai.ac.jp

 

発表者一人につき:発表30分、質疑20分

Each presenter:30 minutes presentation and 20 minutes Q&A

 

---------------------------------------------------

日時:2021年2月9日(火)13:00ー16:20

Date: Feb 9 (Tue), 2021  13:00ー16:20

 

発表者:李 思敏(13:00ー14:00)

論文題目:Multifunctional systems based on supramolecular motions in [Ni(dmit)2]- magnetic crystals

([Ni(dmit)2]-磁性結晶における超分子運動に基づく複合機能系)

主査:中村 貴義

副査:小西 克明、野呂 真一郎、久木 一朗(大阪大学大学院基礎工学研究科)

 

発表者:大塚 侑(14:10?15:10)

論文題目:

表面での鈴木-宮浦クロスカップリングを用いた蛍光ソルバトクロミックビーズの合成及び光導波路分光装置による

バイオアフィニティーセンシングデバイスの構築

(Synthesis of fluorescent solvatochromic beads via Suzuki-Miyaura cross-coupling on the surface and its optical waveguide spectra to fabrication of bio-affinity sensing device)

主査:山田 幸司

副査:沖野 龍文、小西 克明、佐藤 久(大学院工学研究院)

 

発表者:長尾 昌紀(15:20ー16:20)

論文題目:TiH2を還元剤に用いたMagneli相チタン酸化物の合成とその触媒機能開拓

(Synthesis of Magneli-phase titanium suboxides using TiH2 and development of their functions as a solid catalyst)

主査:神谷 裕一

副査:野呂 真一郎、大友 亮一、中島 清隆(触媒科学研究所)

 

----------------------------------------------

日時:2021年2月10日(水)13:00ー16:20

Date: Feb 9 (Wed), 2021  13:00ー16:20

 

発表者:橋本 和孝(13:00ー14:00)

論文題目:構造制御に基づいた高活性かつ高耐久性鉄系ペロブスカイト型酸化物触媒の開発

(Development of highly active and stable perovskite-type iron oxide catalysts by precisely controlling crystalline structure)

主査:神谷 裕一

副査:八木 一三、小野田晃、大友 亮一

 

発表者:沈 陽  (14:10ー15:10)

論文題目:Studies on interparticle charge-transfer excitation: Novel band-structure analysis of semiconducting metal-oxide photocatalysts based on energy-resolved distribution of electron traps

(粒子間電荷移動励起に関する研究?電子トラップ密度のエネルギー分布にもとづく半導体金属酸化物光触媒の新規バンド構造解析)

主査:大谷 文章

副査:八木 一三、神谷 裕一、高島 舞

 

発表者:Tharishinny Raja-Mogan (15:20ー16:20)

論文題目:Studies on inverse opal-structured titania with gold nanoparticles as novel design for photoabsorption-efficiency enhancement in photocatalysis

(光吸収効率増大のための新規デザインとしての金ナノ粒子含有逆オパール構造酸化チタン光触媒に関する研究)

主査:大谷 文章

副査:ビジュ バスデバン ピライ、高野 勇太、エヴァ=コワルスカ



Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University