生体物質科学コース

生体物質科学コース

生体と環境の関わりを分子レベルで解明することをめざし、生体が作り出す物質などの化学的特性や機能を調べるとともに、生体システムを利用・模倣した環境の浄化法・修復材料および生体関連物質の高感度モニタリングシステムの開発について学ぶ。

小野田晃(教授)
研究室HP
有機化学
タンパク質工学
生体材料化学
錯体化学
 

地球環境保全と循環型社会に資する新しいケミストリーとサイエンスを開拓するために、有機化学、タンパク質工学、生体材料化学を礎として、タンパク質を使ったバイオハイブリッド触媒、バイオハイブリッド材料を創製し、指向性進化工学の手法を活用して、タンパク質の機能を効率的に利用する技術の基礎と応用研究に取り組んでいる。
山田幸司(准教授)
研究室HP
糖鎖合成化学
糖鎖高分子科学
構造有機化学
光化学
分析化学
超分子化学


環境汚染物質の除去・無害化プロセス,および,環境に対する負荷が小さいグリーンケミストリープロセスのための触媒および光触媒反応系の開発を目的として,以下の研究を行っています([]内は最近の成果).
糖質は、単糖・オリゴ糖から多糖類に至るまで、自然界に膨大な量存在し、 緑色植物の光合成により再生される循環型の資源である。 しかし糖質の多くは廃棄され、まだ十分には利用されていない。 この未利用資源である糖質を高次利用するための新しい手法を開拓し、 糖質の特徴である生物機能・分子識別能・生分解性・生体親和性などを 生かした高付加価値の材料や機能性物質の開発を行っている。 また、これらの分子認識を可視化する蛍光・化学発光色素を組み合わせ、 高感度なバイオセンシングを目指している。現在進行中の研究課題は、 環状オリゴ糖や多糖を出発物とした環境汚染物質除去材料開発、 糖質系界面活性剤を用いた分離システム構築、植物生長に関わるオリゴ糖シグナル分子の合成、 糖質の特異的認識能を利用した糖鎖超分子の調製(坂入)・環境変化によって発光色の変わる センサー色素分子の創製(山田)などである。
梅澤 大樹(准教授) 諸角達也(助教)
研究室HP

有機合成化学
天然物化学
海洋天然物化学


強力な生物活性を示す天然有機化合物(化学防御物質や他感作用物質など)の効率的合成法に関する基礎的な研究を行っている。たとえば、強力な生物活性を示す化学防御物質KalkitoxinやIsocyanocadineneの短段階、高収率、高選択的な合成法について検討している。
沖野 龍文(教授) <環境起学兼務>
研究室HP

海洋天然物化学
化学生態学



水圏の生物間相互作用あるいは海洋無脊椎動物の着生・変態現象に作用する天然有機化合物の構造と作用機序の解明および酵素阻害活性などを指標とした海洋生物由来の生物活性物質の探索について検討している。

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院