News

アーカイブ  |
  
投稿者 : kigaku 投稿日時: 2021-04-05 10:39:41 (96 ヒット)
環境起学専攻 教員・学生の皆様

 分野横断セミナーのTA、段 和歓です。
 令和3年度分野横断セミナー前期・第1回をご案内致します。

 1.ガイダンスと過去の教育研究活動のご紹介

  藤井 賢彦先生

 2.研究発表

  発表者:藤原 有希子
  発表内容:地球温暖化が日本沿岸域の藻場の分布に及ぼす影響

  発表者:段 和歓
  発表内容:北海道の雪氷冷熱エネルギー賦存量評価: ニセコ町における事例
研究

 日時:令和3年4月9日(金)13:00~16:15
 場所:地球環境科学研究院 D101


 ご関心をお持ちの方は、是非ご参加ください。
 宜しくお願い申し上げます。

段 和歓

投稿者 : kigaku 投稿日時: 2021-01-29 16:39:16 (159 ヒット)
環境起学専攻 教員・学生の皆様

 分野横断セミナーのTA、段 和歓です。
 後期最終回の分野横断セミナーをご案内致します。

 1.修論発表予行演習
  
  藤田 大和
  加藤 幹也

 2.進捗報告

  濱野上 龍志
  藤原 有希子
  段 和歓



 日時:令和3年2月5日(金)13:00~16:15

 ご関心をお持ちの方は、是非ご参加ください。
 宜しくお願い申し上げます。

段 和歓

投稿者 : kigaku 投稿日時: 2021-01-26 11:56:18 (163 ヒット)
Dear all,

This is information about the next Environmental Geography seminar.

Presenters;
1. Zeng jie (Research proposal):
Study on Soil Erosion Rate of a hiking trail in Daisetsuzan National Park Based on Tree-ring.

2. Joshua Sasahombi (Study progress):
2018 PNG earthquake seismic vulnerability assessment for building structures,Central Highlands, Papua New Guinea.

3. Lo Lap Wing Tennyson (Study progress):
A study on morphological changes of slopes after landslides by 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake.

4. Hironari Taira (Study progress):
Study of silica runoff from the Beknbeushi River basin to Lake Akkeshi.

Time: 3.00 PM JST, Wednesday, 27th January 2021



Best regards,
Atupelye Weston Komba
(Environmental Geography Seminar TA)

投稿者 : kigaku 投稿日時: 2021-01-19 10:16:19 (159 ヒット)
環境起学専攻 教員・学生の皆様

 分野横断セミナーのTA、段 和歓です。
 後期第8回の分野横断セミナーをご案内致します。

 発表者:

  1.濱野上 龍志
  2.藤原 有希子
  3.段 和歓
  
 発表内容:

 各人の進捗報告
 


 日時:令和3年1月22日(金)13:00~16:15

 ご関心をお持ちの方は、是非ご参加ください。
 宜しくお願い申し上げます。

段 和歓

投稿者 : kigaku 投稿日時: 2021-01-19 10:14:54 (145 ヒット)
Dear all,

This is information about the next Environmental Geography seminar.

Presenters;
1. Ke Wenwen (Research proposal):
The application of the combination of cultural heritage three-dimensional digital system and museum in school education.

2. Nathanial Gronewold (Research proposal):
A Tale of Two Cranes: comparative conservation strategy efficacy for Grus Americana vs. Grus Japonensis.

3. Chen Zhangzhuo (Study progress):
A study on simulating scenario-based land use change of Hokkaido by GeoSOS-FLUS model.

4. Meng Yu (Study progress):
Evaluation and Analysis of Eco-efficiency in Inner Mongolia.

Time: 3.00 PM JST, Wednesday, 20th January 2021


Best regards,
Atupelye Weston Komba
(Environmental Geography Seminar TA)

(1) 2 3 4 ... 27 »

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University