News

アーカイブ  |
  
投稿者 : kigaku 投稿日時: 2019-04-02 10:07:41 (37 ヒット)
環境起学専攻学生および教員の皆さま
Dear all,

Please be informed about ESS Seminar ,April 19 (Fri) 2:45pm – 4:15pm D101.


研究院アワー (ESS Seminar)のお知らせです。


April 19 (Fri) 2:45pm – 4:15pm D101
場所: 地球環境科学研究院D棟101号室

講演者: 大竹 秀明氏
(産業技術総合研究所 太陽光発電研究センター 研究員(本学院OB))

座長: 藤井 賢彦 (環境起学専攻 准教授)

講演題目:エネルギーマネジメントにおける気象データの利活用 (Title: Solar and wind power resources and forecasting technology)
Note: This seminar will be held in Japanese. If you prefer English version, please join a relevant seminar which will be held from 4:30pm to 6pm on April 19 at Room D201.

要旨:
近年、国内では太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーが大量に導入さ
れている。太陽光発電は天候により出力が左右されるため、電力需給を保つため
には、気象予報技術を活用したエネルギーマネジメントが欠かせない。現在、電
力会社の中央給電指令所においても気象予報データを活用した太陽光発電の出力
予測情報を踏まえた、電力需給の運用を始めているところである。しかし、予測
が大きく外れることもあるため、予測誤差の議論も並行して進められている。
 また、現在科学技術振興機構(JST)のCREST EMS事業*1の中では予測データを蓄
電池、送電線、配電、電力需要、電力市場などの様々な分野での活用が検討され
てきている。気象予報技術、気象データは自然災害からの防災のためのデータと
しての活用から、エネルギーマネジメントの分野では、異分野と連携すること
で、予測データの新たな価値創出やインパクト評価もなされ始めている。本講演
ではJSTのCREST HARPS*2での気象データの将来の活用先、研究における活用例な
ども紹介する。また、太陽光発電まわりの課題(安全性など)も含めて講演を行
う予定である。

*1https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/research_area/ongoing/bunyah24-1.html
*2http://harps-crest.jpn.org/


連絡先/Contact: Dr. Masahiko Fujii ( E-mail: mfujii@ees.hokudai.ac.jp )
-----

--
===========================================================================
藤井 賢彦
〒060-0810 札幌市北区北10条西5丁目
北海道大学大学院地球環境科学研究院

Masahiko Fujii
Faculty of Environmental Earth Science
Hokkaido University
N10W5, Kita-ku, Sapporo, Hokkaido 060-0810, JAPAN

Tel/Fax: 011-706-2359

投稿者 : kigaku 投稿日時: 2019-03-25 18:53:19 (57 ヒット)
学位授与式が行われました。修士課程、博士課程の修了者の皆さんに、素晴らしい春が訪れますように…。

沼口賞(優秀な修士論文研究の表彰)は加藤さんが受賞しました。受賞理由はこちらです。


投稿者 : kigaku 投稿日時: 2019-03-20 19:52:32 (69 ヒット)

修士論文研究発表会お疲れさまでした!! (2019.02)
発表会後に行われたパーティーでの集合写真です



投稿者 : kigaku 投稿日時: 2018-11-05 10:29:53 (144 ヒット)
Dear all,

Hello. This is the announcement for the Environmental Adaptation Course seminar and the details are as follows:

Date: November 5, 2018
Time: 16:30 – 18:00
Room: D103

During this seminar, we will have the following presenters and they will get 30 minutes with Q&A.

Ujeh Henry: Dietary induced heavy metal depuration potentials in Oryzias latipes (Japanese Medaka fish).

Subrata Banik: Protective effects of Ajwain extract against cadmium induced cytotoxicity in PC12 cells through inhibition of apoptosis.

If you have any question or if you will be absent from this course seminar, please contact the undersigned persons and cc to prof. Noro.

Thank you very much.

Best regards,
Zakia Aktar
TA

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University