専攻行事カテゴリのエントリ

2018年度修士論文研究発表会(Final presentation of master thesis research for September 2018 graduation)

2018年7月24日午後に、修士論文研究の最終発表会 (2018年9月卒業予定)が行われました。発表者の皆さん、お疲れさまでした。



The Trump Administration and the Environment (トランプ政権における環境政策)) on August 7 (Tue)

Dear all,

The following special seminar will be held on August 7. Those who are interested are all welcome. The lecture will be held in English. Masa

-----
Title: The Trump Administration and the Environment

Lecturer: Dr. Atsuko Sato (Department of Political Science, California State University, Los Angeles)

Venue: Room D201, Faculty of Environmental Earth Science

Time: from 1pm to 2:30pm on August 7 (Tue)

Reference: Lesser, Jonathan A. (2017) “Energy and Environmental Policy in the Trump Era.” Natural Gas & Electricity 33 (10): 1-4.
-----

the joint seminar on land science

Dear all,

Sorry for extremely short notice, but this is an invitation to the joint seminar on land science.

GLP Japan Nodal Office and Taipei Nodal Office will organize a half-day joint seminar in the morning of 26th July (this coming Thursday).

Anyone who is interested in land science is welcome to join this seminar starting at 09:00, Thursday.

With best regards,
Teiji Watanabe, Takashi Kohyama, Hideaki Shibata, and Ram Avtar

持続可能な低炭素社会サブセミナー(7/6:第7回)のご案内

環境起学専攻 学生・教員の皆様

こんにちは、低炭素社会サブセミナーのTA、山家 拓人です。
第7回の持続可能な低炭素社会サブセミナーをご案内致します。
第7回目はM1による論文紹介と施設見学をおこないます
発表者:赤松 知音
タイトル:Tropical Fishes Dominate Temperate Reef Fish Communities within Western Japan

論文紹介を終了後(およそ4限終了後)に、「北大農場バイオマス見学ツアー」
と題しまして北大農場の見学をおこなう予定です。


日時:平成30年7月6日(金)14:45〜18:00
場所:環境科学院講義棟 D101

ご関心をお持ちの方は、是非ご参集ください。
宜しくお願い申し上げます。

山家 拓人

2017年度学位授与式

2017年度学位授与式が挙行されました。修了生のみなさん、お疲れさまでした。みなさんの今後のご活躍を祈念します。


沼口賞(優秀な修士論文研究の表彰)は、北市さん、Fathoniさんの2名が受賞しました。受賞理由はこちらです。

持続可能な低炭素社会サブセミナー(5/12:第3回)のご案内

環境起学専攻 学生・教員の皆様

こんにちは。低炭素社会サブセミナーのTA、謝倩氷です。
持続可能な低炭素社会サブセミナー第3回のご案内です。

今回は、参加学生による研究発表です。
日時:5月12日[金]14:45~16:15
場所:環境科学院講義棟D101

発表者:
1.Yu Haihong M2
題名:New asparagus cultivars suitable for outdoor cultivation in Hokkaido

2.黄莉敏 M2
題名:北海道産タマネギにおける移植時期の不安定気象と収量性

ご関心をお持ちの方は、是非ご参集ください。
宜しくお願い致します。


謝 倩氷(シャ セイヒョウ)

5/10(水), 自然共生セミナーのご案内

Dear Professors, Staffs and Students

The next sub-course seminar of Symbiosis in Nature for the first semester of 2017 will be held on next week. Please see all the details below.
下記の日程で自然共生サブセミナーを開催します。

【日時】5月10日(水)14:45-16:15
【部屋】D103

Presenters:
1. Radyan Putra Pradana (M2)
Robert, D. F. et al., 2016: Indonesian Fire Activity and Smoke Pollution in 2015 Show Persistent Nonlinear Sensitivity to El-Niño Induced Drought, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 113, 9204-9209, doi:10.1073/pnas.1524888113.
http://www.pnas.org/content/113/33/9204

2. Paolo Atienza Garrido (M2)
Caryn, C. V. et al., 2004: Ecosystem processes performed by unionid mussels in stream mesocosms: species roles and effects of abundance, Hydrobiologia, 527, 35-47, DOI: 10.1023/B:HYDR.0000043180.30420.00.
https://link.springer.com/article/10.1023%2FB%3AHYDR.0000043180.30420.00?LI=true


3. Mengling Zhu (M2)
Vander Janden, M. J. and J. B. Rasmussen, 1999: Primary Consumer d13C and d15N and the tropic position of aquatic consumers, Ecology, 80, 1395 -1404, DOI:10.1890/0012-9658(1999)080[1395:PCCANA]2.0.CO;2
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1890/0012-9658(1999)080[1395:PCCANA]2.0.CO;2/full


We are welcome to you to attend the seminar. If any questions, kindly
contact me.
Sincerely
Thank you
Chinh

01/30-環境適応科学コースセミナー

Dear all,

The schedule of our last Environmental Adaptation Science course seminar
(環境適応科学コースセミナー) is as followed:

[日時] 01月30日(月)
16時半〜18時
[場所] 環境科学院講義棟 D103

During this seminar, three presenters will speak about their researches:
- 関谷 祥子
- 高橋 慧良
- 福井 佑梨

If you have any question or if you will be absent from this course seminar, kindly contact the undersignedand cc to prof. Okino.
Thank you very much.

Regards,

---------
Julie PETITBOIS
TA of the Environmental Adaptation Science course seminar

12/7(水), 数理モデルサブセミナー(TSセミナー)の案内

環境科学院専攻 教員、学生の皆様

こんにちは,TSセミナー連絡係の谷尾です。
次回のTSセミナーの連絡をさせていただきます。

2016年度後期TSセミナー

日時    12月7日(水)、12:30~

場所   環境科学院 A807

内容  「数理モデリング入門 ファイブ・ステップ法 9章」 
「量的遺伝学入門」 
        

発表者     小楠, 加藤


日時は上記のとおりです。確認をお願い致します。


***目的***
様々な生命現象を理解するための数理的手法を学ぶとともに、
自らのアイデアで構築した数理モデルについて発表をするセミナーです。
教員、ポスドク、院生いろいろな人が参加し、にぎやかに議論をすることを目指します。

***時間,場所,単位*** 原則として隔週水曜、 A807において.2年間受
講すれば4単位分.

重複されている方,情報の行き違ってしまった方は申し訳ございません。
何かご不明の点がございましたら谷尾までご連絡お願いいたします。

--
北海道大学環境科学院 動物生態学コース
高田研究室 
 修士1年    谷尾 伊織

持続可能な低炭素社会サブセミナー(12/2:第11回)のご案内

環境起学専攻 学生・教員の皆様

こんにちは。低炭素社会サブセミナー TAの曾傑です。
持続可能な低炭素社会サブセミナー 第11回のご案内です。

今回の内容は参加学生の研究についての発表です。
ご関心をお持ちの方は、是非ご参集ください。

日時:12/2(金) 14:45-16:15
場所:環境科学院講義棟 D101
発表者: 澤舘 隆宏(М2) 

「岩手県大槌町の特性を考慮した、小水力発電ポテンシャルの見積もり」

以上でよろしくお願いいたします。

曾 傑(ソ ケツ)

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院