北海道大学 大学院 環境科学院

環境科学の座標軸を提示する

EESセミナーの開催

2023-01-17
演者:横溝裕行博士(国立環境研究所)
Speaker: Dr. Hiroyuki Yokomizo (National Institute for Environmental Studies)

日時:2月17日(金)10時30分~12時
Date and time:  10:30-12:00 on February 17th (Fri) 2023

実施方式:対面&オンライン(Zoom)オンラインでの参加希望者は、2月15日までに下記連絡先(koshi"at"ees.hokudai.ac.jp)までご連絡ください。接続先をお知らせします。
Style: In-person & Online (Zoom) Please contact the following address (koshi "at "ees.hokudai.ac.jp) for the online connection address by February 15.

場所:北海道大学大学院地球環境科学研究院A809
Place: A809 in GSES

言語:日本語
Language: Japanese

講演題目:生命表反応解析(LTRE)と個体の流れ行列を用いた生態影響評価手法:オオバナエンレイソウの生息地の分断と時間的環境変動の影響
Title: Ecological impact assessment methodology using Life-table response experiment and interstage flow matrices: Effects of habitat fragmentation and temporal environmental variation on Trillium camschatcense

要旨:
本講演では、生命表反応解析と個体の流れ行列を用いた新たな生態影響評価手法を紹介する。個体群レベルの生態影響指標の一つとして個体群成長率がある。生命表反応解析(Life Table Response Experiment; LTRE)は、環境要因によって引き起こされる個体群成長率の変化量が、どの生育段階の生存・成長・繁殖の変化によるものなのかを定量化する方法である。しかし、個体群成長率に着目する生
命表反応解析だけでは、総合的な生態影響評価を行うためには不十分であり、より詳細な生態影響評価の手法の開発が求められている。例えば、従来の生命表反応解析では、環境要因によって生育段階間の個体数の流れがどのように変化するのかは不明である。そこで本研究では、個体の流れ行列を生命表反応解析に組み込むことによって、環境要因による生育段階間の個体数の流れの変化量を求めた。事例研究として、オオバナノエンレイソウのデータを用いて行った生命表反応解析をもとに、生息地の分断と年変動の影響により個体群成長率と生育段階間の個体数の流れに与える影響を明らかにした。Tomimatsu and Ohara (2010)によって行われたオオバナノエンレイソウの生命表反応解析を元に、本手法を用いることによって明らかになったことを議論する。

Abstract:
This presentation will introduce a new ecological impact assessment method using the Life-table response experiment (LTRE) and interstage flow matrices. The population growth rate is one of the indicators of ecological effects at the population level. LTRE is a method to quantify the change in population growth rate caused by environmental factors and which life stage and/or process is responsible for the change in survival, growth, and reproduction. However, LTRE based on population growth rate alone is insufficient for comprehensive ecological impact assessment and more detailed methodology is required for ecological impact analysis. For instance, it is unclear in traditional LTRE how environmental factors change the flow of individuals among life stages. Therefore, by incorporating interstage flow matrices into the LTRE, we quantified the amount of change in interstage flows of individuals 
between life stages due to environmental factors. As a case study, we conducted an LTRE using data of Trillium camschatcense to determine the effects of habitat fragmentation and annual environmental variation on population growth rate and interstage flows of individuals between life stages. Based on the analysis of LTRE by Tomimatsu and Ohara (2010), we will discuss what we revealed by using this new method.

連絡先:越川滋行(生物圏科学部門)(koshi"at"ees.hokudai.ac.jp)
Contact: Shigeyuki Koshikawa (koshi"at"ees.hokudai.ac.jp)

  • 所在地・連絡先

    〒060-0810
    札幌市北区北10条西5丁目
    北海道大学大学院環境科学院/ 地球環境科学研究院
    【問い合わせ先・相談先】
  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー別アーカイブ

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院