北海道大学 大学院 環境科学院

環境科学の座標軸を提示する

EESセミナーの開催(水環境問題の解決に向けた金属有機構造体の可能性)

2022-12-12

EES Seminar (by 今野 大輝) 1/16, 2023

演者:今野 大輝 先生 (東邦大学・理学部・生命圏環境科学科・准教授)

Speaker : Prof. Hiroki Konno (Department of Environmental Science, Faculty of Science, Toho University)

日時:2023年1月16日(月) 16:30~18:00

Date and time: 16:30-18:00 on January 16th (Mon) 2023

場所:北海道大学大学院地球環境科学研究院 D201

Place : D201 in GSES

講演題目:水環境問題の解決に向けた金属有機構造体の可能性

Title: Potential of metal–organic frameworks (MOFs) as new adsorbents for solution of water environment problems

言語: 日本語

Language : Japanese

要旨

地球温暖化や資源・エネルギー枯渇と並ぶ重要な環境問題として位置付けられる水環境汚染は、世界的な経済発展や産業構造の高度化によってその深刻さが増しており、産業排水に起因する各種有機物、休廃止鉱山から排出される酸性汚染水に含まれる重金属イオン、そして生活排水に起因する医薬化合物やパーソナルケア物質など、水環境中に存在する汚染物質は多岐に渡ります。これらの汚染物質は多様な物理化学的特性をもつことから、適切な処理にはそれらの汚染物質の特性に合わせた処理技術が必要となっています。この講演では、様々な水中汚染物質に対するMOFsの吸着特性と、それらの特性向上を目指した結晶サイズの微小化や官能基修飾の事例を紹介するとともに、サーキュラーエコノミーを意識した廃棄物を出発原料とするMOFsの合成手法についても解説します。

Abstract

Water pollution is one of the major environmental problems, along with global warming and resource and energy depletion. Water can be polluted by diverse human activities, for example, by the discharge of persistent organic compounds from chemical plants, heavy metal ions from abandoned mines, and domestic wastewater containing pharmaceutical compounds and cosmetics. Owing to the diverse physicochemical properties of these pollutants, wastewater treatment often requires chemicals and processes that are tailored to the specific characteristics of each pollutant. In this lecture, the adsorption properties of MOFs for various water contaminants, and propose the down-sizing of crystal and functional group modification aimed at improving their adsorption properties will be introduced. Moreover, the synthesis of MOFs using waste as the raw material will be also explained.

連絡先:野呂真一郎(統合環境科学部門)(noro@ees.hokudai.ac.jp)

EESセミナーポスター

  • 所在地・連絡先

    〒060-0810
    札幌市北区北10条西5丁目
    北海道大学大学院環境科学院/ 地球環境科学研究院
    【問い合わせ先・相談先】
  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー別アーカイブ

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院