Env Impact Reductionカテゴリのエントリ

Faculty of Environemtental Earth Science wins Grand Prize for Excellence in Energy Efficiency and Conservation

Faculty of Environemtental Earth Science wins Grand Prize for Excellence in Energy Efficiency and Conservation, Chairman’s Prize, the Energy Conservation Center, Japan in Successful Case of Energy Conservation Category. We receive the prize for successful achievement of the Environmental Impact Reduction Achievement Project in our graduate school.
Presentation file
more (Japanese site)

image




Takeshi Watanabe to receive Hokudai Elm Award

Mr. Takeshi Watanabe, who is a Ph.D candidate of Division of Environmental Science Development, received the Hokkaido University Elm Award from the president on March 13th for his contribution to the Environmental Impact Reduction Achievement Project in our graduate school.


image



2012Kitaguni_Award

 12月10日(月)に北海道経済産業局が実施している平成24年度「北国の省エネ・新エネ大賞(エネルギー開発・利用・普及優良事業者等北海道経済産業局長表彰)」が発表され,大学院地球環境科学研究院が同大賞の「有効利用部門」において受賞しました。

 同大賞は,「エネルギー開発・利用・普及優良事業者等北海道経済産業局長表彰実施要領」に基づき北海道においてエネルギーに関する開発,有効利用及び普及に関し,著しい成果及び功績があり,他の模範となる組織,個人を表彰することによって,省エネルギーの推進,新エネルギーの導入を加速させることを目的として実施されているものです。

 受賞の対象となったのは,平成23年度から沖野龍文准教授(統合環境科学部門 環境適応科学分野)が中心となって実施している“環境科学院「見える化」システムを活用する環境負荷低減実現プロジェクト”での取り組みと成果が認められたものです。

 本プロジェクトは,“理系大学院における「見える化」システムを活用した設備運用改善と構成員コミュニケーションによる省エネ実現”というテーマで推進し,その結果,平成24年度上半期は,平成22年度比でガス38%減・電気15%減の省エネを達成しています。

 なお,授賞式は平成24年12月21日(金)札幌市内ホテルにて行われます。




参考 北海道経済産業局のページ(リンク)

More power to save energy by 10 % in the academic year of 2011

We have reduced energy consumption by 10 % until December. Continuous reduction of energy consumption will result in a total of 10 % for the 2011 academic year.

Changes in energy consumption over the previous year
(Net CO2 emission equivalent for electricity and gas)
April –10 %
May +2 %
June –14 %
July –12 %
August –19 %
September –15 %
October –12 %
November –10 %
December +3 %

We achieved reduction of energy consumption for air-conditioning of 33 % over summer 2010


image




As a result of the Environmental Impact Reduction Achievement Project incorporating the Visualization System, we achieved a reduction of energy consumption for air-conditioning of 33 % over summer 2010.


Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University