Grad Students Activitiesカテゴリのエントリ

Takeshi Watanabe to receive Hokudai Elm Award

Mr. Takeshi Watanabe, who is a Ph.D candidate of Division of Environmental Science Development, received the Hokkaido University Elm Award from the president on March 13th for his contribution to the Environmental Impact Reduction Achievement Project in our graduate school.


image





Environmental Impact Reduction Achievement Project

2011

沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。
2012年3月25日 修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

2010

沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。

2009

 沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。

2010年3月25日 学院修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

Master thesis by Masato Kitano is introduced in Hokkaido Newpaper on Mar 31, 2009

Master thesis proposed by Masato Kitano concerned with "bird strike" is introduced in Hokkaido Newpaper on March 31, 2009

Master thesis proposed by Kaori Yahata is introduced in various newspapers

Master thesis proposed by Kaori Yahata entitled "Materials and programs for environmental education with special reference to wild flowers" is introduced in various newspapers.

April 19, 2006: Tokachi Daily Newpaper
May 16, 2006: Hokkaido Newspaper (Tokach edition)
May 16, 2006: Tokachi Daily Newpaper
May 27, 2006: Hokkaido Newspaper (Tokach edition)
May 28, 2006: Hokkaido Newspaper (Tokach edition)
May 31, 2006: Tokachi Daily Newpaper
June 12, 2006: Hokkaido Newspaper (Tokach edition)

...hide more
2008

 沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。

2009年3月25日 修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

2007

 沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。

2008年3月25日 起学修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University