Grad Students Activitiesカテゴリのエントリ

2016年度沼口賞受賞者および受賞理由

【2016年度沼口賞受賞者】
2016年度は3名の学生が沼口賞を受賞しました。

(1)
氏名: Boniface Wainaina Kariuki
Characterizing solar resource potential for photovoltaic applications in Kenya with focus on variability using Meteosat satellite data (Meteosat衛星を用いたケニアにおける太陽光発電ポテンシャル量の変動性の特徴)

論文要旨

【選考理由】
 地球規模の電力需要の増加に応えるため、環境負荷の少ない再生可能エネルギーの利用が世界各地で進んでいる。本研究で対象としたケニアは、赤道近傍に位置していることを考慮すると、太陽光発電が最も有力な選択肢の一つであるが、日射量の時空間変動特性を考慮した発電可能量の評価はこれまで行われていなかった。そこで本研究では、空間的に均質なデータを得ることができる人工衛星観測から推定された19年間の日射量データを用いて、当地域における太陽光発電可能量の時空間的な変動特性を評価した。全天日射量は、季節変化を考慮したとしても、ケニアのほぼ全てのエリアで6kWh/m2/dayを上回ることが分かった。また、全天日射量の方が直達放射量よりも時空間変動が小さいことから、当地域では集光型よりも平板型の太陽光発電システムの方が安定的な電力供給が実現できることが示唆された。次に、人口の多い6都市について、全天日射量の急激な日変動が発生する事例を統計解析した結果、海岸部では雲の発生や通過に伴って日射量の急変動が発生しやすいのに対して、東部や西部では急変動の頻度は相対的に低いことが明らかとなった。
 本研究は、人工衛星から得られる膨大な量の日射量データを最大限に活用することで、地上観測データが乏しい地域においても、太陽光エネルギー賦存量の評価や変動特性を考慮した設備設計を提言することができることを示した。さらに、運用時のリスク要因である発電量の急変動事例の出現頻度が地域や季節によって異なることを明らかにした。このように季節性や日変動性にまで踏み込んで太陽光発電ポテンシャルの評価を行った本研究は、太陽光発電システムの普及を通じたエネルギー問題の解決に貢献する知見を提示するものであり、環境起学専攻の理念と目的にもっとも合致していると言える。以上の理由から、本論文は沼口賞を受賞するのに相応しいと認められた。


(2)
氏名: Rospriandana Naufal
Assessing small hydropower potential in Indonesia: from environmental and economic perspectives
(インドネシアにおける小水力発電の可能性評価: 環境性・経済性の観点から)

論文要旨

【選考理由】
 経済成長著しいインドネシアではエネルギー供給量の増強が急務であると同時にCO2の排出抑制も求められており、両課題を満たす解として再生可能エネルギーの導入拡大が期待されている。特に、小水力発電は安定的に電力を供給できること、また地域経済への波及効果が大きいといった便益を有しており、その導入拡大はエネルギーの分散需給に貢献すると考えられる。
 このような社会的背景を踏まえ、Rospriandana君はインドネシア・チタラム川流域を対象に、まずは水文モデルと地理情報システムを駆使して同流域における小水力発電賦存量を見積もった。小水力発電設備は一度導入すると数十年間は使用し続けるため、事業者が導入に踏み切るかの判断材料として、運用期間全体の採算性が取れるかどうかが鍵となる。この観点から、将来の気候変化に伴う発電量の変化を含めた費用便益分析を行い、同流域における有望地点を抽出した。これらの研究成果の一部は学術誌Hydrological Research Lettersに掲載済みである。
 さらに、Rospriandana君は人口の半数が電力を享受できていない同国の離島を対象に、同様の手法を用いて小水力発電を含む再生可能エネルギーを導入に向けた提言研究を行った。非電化地域の住民が必要最低限のエネルギーを享受することは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にも合致するものであり、再生可能エネルギーの導入が単に地球温暖化・海洋酸性化の緩和だけではなく、地域における貧困・人権問題の改善も貢献し得るという、新しい便益を付与するものである。
 以上の理由から、本論文は環境起学専攻の理念と目的に合致し、受賞に相応しいと認められた。


(3)
氏名: 宋 媛媛
河床間隙水湧出が河川河畔生態系に及ぼす影響 (Effects of hyporheic water upwelling on river and riparian ecosystems)

論文要旨

【選考理由】
 生態系の構造や機能とそれらに対する人間活動の影響を把握することは、持続的な自然資源の保全管理の実施において極めて重要である。本研究は、都市化による水質や物理構造への影響が比較的強い札幌市内を流れる豊平川を対象に、地下水と陸域の生態系相互作用の一部を明らかにした。野外調査により得られた水や生物試料に対して化学分析や群集構造定量化を行うことで、湧出間隙水が特異な水質により河川内一次生産を高めること、また、その結果河畔消費者の個体数や河川由来資源への依存度が高まることを示した。水循環の観点からは、低地への降水を由来とし人為由来の窒素添加の影響を受けた地下水が、湧出水の起源であることが示唆された。この成果は、当該河川および河畔環境の保全管理において地下水を含めたより広域の水循環を考慮することの重要性を示した。
 以上の研究は、河床間隙域、河川、河畔域という3つの生態系間の境界を越えた相互作用を示す事例として生態学的に高い新規性が認められる。厳冬期から夏季まで異なる季節での多種試料の採取と安定同位体比分析から昆虫の個体数計測まで多様なアプローチを複合的に用いた重層的な研究計画・成果は高く評価できる。以上の理由から、本論文は環境起学専攻の理念と目的に合致し、受賞に相応しいと認められた。

2015年度沼口賞受賞者および受賞理由

【2015年度沼口賞受賞者】
三浦 一輝 (河川希少種の陸への波及効果:カワシンジュガイ属はエゾアカガエルの越冬地を提供するか?)
論文要旨


【選考理由】
生態系の構造や変化に伴う生物多様性や諸機能の低下は地球規模で進行中であり、その機構の解明や対策の提案は喫緊の課題である。本研究は、保全の重要性が高い湿地景観において、その構成要素である河川・湿地・森林の相互作用の一部を明らかにした。陸域で物質循環に大きな役割を果たすカエルの一種(エゾアカガエル)が、道東の湿地において、越冬期にかけて森林・湿地から河川へと移動すること、また、河川に生息する淡水二枚貝(カワシンジュガイ属)の創出する越冬環境に強く依存することを示した。1年目は野外観測、2年目は前年の結果より導かれた仮説を検証する野外実験と、効率的かつ発展的に挑戦的な課題に取り組んだ。絶滅が危惧されるカワシンジュガイ属の保全が陸域生態系の諸機能の保全にまで波及する可能性を示し、当該地域の生態系保全に対して具体的かつ斬新な管理手法を提案した。

以上の研究は、軟体動物と脊椎動物が生態系タイプの境界を越えて複雑に相互作用をする事例として生態学的に高い新規性が認められ、また実践的な示唆に富む応用生態研究の好事例である。湿地や冬季という過酷な環境下での綿密な現場観察・計測への挑戦、そして重層的な研究計画・成果は高く評価できる。

以上の理由から、本論文は環境起学専攻の理念と目的にもっとも合致し、受賞に相応しいと認められた。


沼口賞受賞者選考委員会
豊田 和弘(委員長)、田中俊逸、渡辺悌二、佐藤友徳



沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、 2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。
過去の沼口賞

2014年度沼口賞受賞者および授賞理由

沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、 2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。
2015年3月25日修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

沼口賞授賞者選考理由
友貞 俊成君 「地球温暖化による気温上昇の不確実性を考慮した北海道産てん菜の糖量予測」

地球温暖化に代表される気候変動が人間社会に様々な影響をもたらすことが懸念されている。将来的に温室効果ガスの排出削減を達成したとしても、ある程度の気温上昇は避けることができない状況になりつつあることから、気候変動による負の影響を軽減するための対策、すなわち適応策の推進が求められている。本研究では、我が国最大の食料生産地である北海道に着目し、不確実性を考慮した最新の気候モデルデータを用いて、将来のてん菜収量および品質の変化予測を行った。その結果、予測モデルの不確実性に関わらずてん菜の収量は増加、根中糖分は低下する可能性が高いことが分かった。一方、てん菜糖量の将来変化は気候予測モデルの不確実性によって増減の傾向が大きく異なった。気候予測データを丹念に解析した結果、5〜6月の気圧配置のパターン、および春の融雪時期の違いが、予測結果に大きなばらつきを生じさせていることが明らかとなった。

以上の成果は、作物の品種開発や栽培適地の検討に有用な情報を提供し、気候変動に対する北海道農業の適応に寄与することが期待される。さらに、北海道における気候予測の不確実性についても気象学的視点から要因特定が試みられており、気候モデルを精緻化するための方向性を提示する研究としても高く評価できる。

沼口修士論文賞は故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐ研究を奨励する趣旨で前大気海洋圏環境科学専攻の修士課程修了学生を対象として設立されたものであるが、2006年度からは改組に伴い環境起学専攻の論文賞として引き継がれ、環境起学の理念にふさわしい優れた研究を行い修士論文をまとめた学生の中から選考されることになった。本委員会では論文(研究)の完成度はもとより、課題解決型であるか、分野横断・統合性についての評価を行った。環境起学は環境と環境の変化を科学的に調べると同時に、得られた知見を利用して包括的かつ統合的な環境の改善や修復に役立てる方法も探索する学問であるとするならば、本論文は環境起学専攻の理念と目的にもっとも合致し、受賞に相応しいと認められた。

沼口賞受賞者選考委員会
藤井賢彦、高田壮則、豊田 和弘、石川 守(委員長)


【参考】
過去の沼口賞

山橋いよさん北海道雪氷賞受賞

2014年3月に修士課程を修了された山橋いよさんが,雪氷学会北海道支部「北海道雪氷賞【北の風花賞】を受賞されました.おめでとうございます.

【北の風花賞】
山橋いよ氏(北海道大学大学院)
論文名:「シベリア南限の永久凍土分布の環境要因 -確率の概念を用いた糖度分布図の作成に向けて-」

http://www.seppyo.org/hokkaido/award/jyushou

2013年度沼口賞受賞者および授賞理由一覧

2013年度沼口賞受賞者および授賞理由一覧
沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、 2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。
2014年3月25日修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

2013年度沼口賞ノミネート

2014年2月4ー5日に行われた平成25年度修士論文発表会後に開催された判定会において,下記の5編の論文が「沼口賞」候補にノミネートされました.この中から審査委員会が2編前後の論文を選考します.授賞論文は,3月末の修了証書授与式に合わせて発表・表彰される予定です.

<2014年度沼口賞候補者名と論文題名>

  • 広田 沙紀:アルギン酸イオンを鋳型として用いた銀ナノ粒子の合成
  • 大畑 有:Lake ice formation process at Lake Abashiri, Hokkaido, Japan -The lake ice structure and thickness evolution- (網走湖における湖氷形成過程ー湖氷構造と氷厚推移ー)
  • 大原 尚之:インタビューと文献調査から明らかにされる自然写真家の様々な取り組みに関する研究
  • 駒澤 皓:東南極・宗谷海岸の空中写真アーカイブデータ発掘とステレオペア画像を用いた氷床表面標高変化の検出
  • 森崎 夏輝(9月修了):サケ産卵床の空間分布に湧水が及ぼす影響―研究を活用した地域再発見の提案まで―

【参考】過去の沼口賞

English Title

English

森田君の修論(沼口賞受賞)が道新の記事になりました。

2012年度沼口賞を受賞した森田君の修論が2013年4月29日の北海道新聞の記事になりました.
image

2012年度沼口賞受賞者および授賞理由一覧

沼口修士論文賞は、自然をこよなく愛し、その仕組みを理解しようと多大な情熱を 以って数々の優れた研究に取り組んだ故沼口敦助教授の遺志を引き継ぐような研究を奨励する趣旨で2001年に設立されました。環境科学院への改組に伴い、2006年度からその授賞母体が環境起学専攻に移りました。本論文賞は毎年、環境起学専攻の当該年度の修士論文の中から、専攻の理念にふさわしい優れた研究を論文賞選考委員会が選考し、授賞します。
2013年3月25日 修了祝賀会において「沼口賞」の授賞式が行われました。

Takeshi Watanabe to receive Hokudai Elm Award

Mr. Takeshi Watanabe, who is a Ph.D candidate of Division of Environmental Science Development, received the Hokkaido University Elm Award from the president on March 13th for his contribution to the Environmental Impact Reduction Achievement Project in our graduate school.


image





Environmental Impact Reduction Achievement Project

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University