最新エントリー

専攻掲示板 - 最新エントリー

修士論文の提出について

カテゴリ : 
修士論文発表会
執筆 : 
envsci 2018-2-14 16:10
修士論文のデータ及び簡易製本1冊の提出は、3/12(月)専攻事務締切です。
論文データは、bio-senko@ees.hokudai.ac.jpへPDFファイルにして送ってください。
簡易製本は、環境科学院B805室へ持参もしくは郵送してください。
学内便の場合、27 環境科学院 生物圏専攻事務 小倉朋美宛にお願いします。
郵送の場合、下記の住所に送付願います。
〒060-0810
札幌市北区北10条西5丁目環境科学院 B-805 
いずれも、指導教員の許可をもらってから提出願います。

外国政府奨学金募集について

カテゴリ : 
奨学金・助成金
執筆 : 
envsci 2018-1-24 14:38
【出願期限:2018年2月8日】2018年度インド政府奨学金留学生募集について
【出願期限:2018年2月21日】2018年度中国政府奨学金留学生募集について
【出願期限:2018年4月16日】2018年度オーストリア政府給費留学生の募集について
詳細については日本学生支援機構のホームページで募集要項等確認してくださ
い。
http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/scholarship_foreign_ongoing/

【注意事項】
応募資格・必要書類等の内容を熟読し、指示に従って応募すること
質問事項については、募集要項内の問い合わせ先に連絡すること

修士論文発表会のお知らせ

カテゴリ : 
修士論文発表会
執筆 : 
envsci 2018-1-16 14:05
修士論文発表会を2/13(火)〜14(水)環境科学院D201教室で行います。
ポリコムを使用しますので、遠隔地の方はHD1に接続願います。
ご参集のほど、よろしくお願いいたします。

学位論文審査会のお知らせ

カテゴリ : 
学位論文公開審査
執筆 : 
envsci 2018-1-16 14:01
【生物圏科学専攻・学位論文審査会】会場は環境科学院D101教室です。

日時:1/23(火)14:00〜 
発表者:陳 磊
論文題目:Dynamics of different branching units in crowns of Sakhalin spruce, Picea glehnii (F.Schmidt) Mast.
(アカエゾマツPicea glehnii (F. Schmidt) Mast.の樹冠における異なる分枝ユニットの動態)
主査:隅田 明洋
副査:原 登志彦、甲山 隆司、日浦 勉

日時:1/24(水)11:00〜
発表者:岩崎 藍子
論文題目:Quantifying intensity and severity of natural disturbances: a case study of the impact of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami on rocky intertidal community
(自然撹乱の強度と影響度の定量:東北地方太平洋沖地震による津波が岩礁潮間帯生物群集に及ぼしたインパクトについての事例研究)
主査:野田 隆史
副査:高田 壮則、仲岡 雅裕、小泉 逸郎

日時:1/24(水)13:00〜 
発表者:金森 由妃 
論文題目:Spatial variation in community dynamics in intertidal sessile assemblages
(岩礁潮間帯固着生物群集における群集動態の空間変異)
主査:野田 隆史
副査:高田 壮則、仲岡 雅裕、小泉 逸郎

日時:1/24(水)14:30〜 ※D201教室, ポリコム使用
発表者:山崎 千登勢 (論文博士)
論文題目:ヤツメウナギの繁殖生態:乱婚におけるオスの造巣行動とメスの配偶者選択に着目して
(Reproductive ecology of promiscuous lampreys focusing on male nest-building behavior and female mate choice)
主査:小泉 逸郎
副査:高田 壮則、野田 隆史、宗原 弘幸

日時:1/25(木)15:30〜 
発表者:大原 隆之
論文題目:Mathematical models of the plant circadian clock: impact of phase regulation by sugar on plant growth
(植物概日時計の数理モデル: 糖による位相応答が成長に及ぼす影響)
主査:甲山 隆司
副査:原 登志彦、三輪 京子、秋山 正和(電子科学研究所)、佐竹 暁子(九州大学理学研究院)

日時:1/30(火)13:00〜 ※ポリコム使用
発表者:富安 信
論文題目:バイオロギングシステムを用いた太平洋ニシンの産卵回遊に関する研究
(Study on spawning migration of pacific herring Clupea pallasii using bio-logging system)
主査:宮下 和士
副査:仲岡 雅裕、三谷 曜子、南 憲吏(島根大学エスチュアリー研究センター)

日時:1/31(水)13:00〜 
発表者:梅澤 和寛
論文題目:Genomic and proteomic study of dissimilatory sulfur metabolism
(ゲノミクスおよびプロテオミクスによる異化的硫黄代謝の研究)
主査:福井 学
副査:森川 正章、小島 久弥、寺島 美亜

後期(後半)開講日について

カテゴリ : 
講義関連
執筆 : 
envsci 2017-11-27 13:36
海洋生物圏環境科学特論 II 12/5(火)1講目 函館キャンパス(詳細は添付ファイルをご覧ください)
生態遺伝学特論 II 12/5(火)5講目 C202
生態学基礎論 12/6(水)5講目 D102 

学位審査会のお知らせ

カテゴリ : 
学位論文公開審査
執筆 : 
envsci 2017-11-1 16:24
12月修了予定者の学位論文審査会を行いますので、皆様ご参集くださいますようお願い致します。
なお、ポリコムを使用しますので、遠方の方は会議室HD1に接続願います。

11月2日(木)
15:00〜 環境科学院 D101教室
発表者:細川 奈々枝
論文題名:Role of root litter on soil nitrogen transformations under winter climate change in forest ecosystems
(冬季気候変動下における森林生態系の土壌窒素変換に根リターが果たす役割)
主 査
 教 授 柴田 英昭
副 査
 教 授 佐藤 冬樹
 准教授 福澤 加里部
 准教授 舘野 隆之輔
(京都大学フィールド科学教育研究センター)

シンポジウム開催のお知らせ

カテゴリ : 
セミナー・講演会
執筆 : 
envsci 2017-10-12 11:14
シンポジウム「生物多様性:メカニズムとその影響」
日時:10月27日(金)
会場:北海道大学地球環境科学研究院
みなさんのお越しをお待ちしております。

Symposium:
Biodiversity: mechanisms and consequences

11:30-17:30 Friday, 27 October 2017
Room A809 Faculty of Environmental Earth Science (EES),
Hokkaido University, Sapporo.

Organizer: Takashi Kohyama & Takenori Takada (EES)

Organized taking the opportunity that Claire de Mazancourt, I Fang Sun and Michel Loreau are in Sapporo. Everyone welcome!

11:30-12:00

Claire de Mazancourt
(French National Centre for Scientific Research, Paris)
"Invariability: measuring and understanding the effect of biodiversity on ecosystem stability"

12:00-13:00
Lunch break @Room A807

13:00-13:40

I Fang Sun
(National Dong Hwa University, Hualien; EES Hokkaido University)
“Plant reproductive decision-making and its consequence in a changing world: insights from a subtropical rain forest”

13:40-14:00
Osamu Kishida (FSC Hokkaido University)
“Growth of larval salamanders determines trophic interactions in a pond community”

14:00-14:20
Yoshio Masuda (EES Hokkaido University)
“A solution for Hutchinson’s paradox in simulated 3D oceanic
environments: coexistence of several dozens of similar phytoplankton
species at a point”

14:20-14:40
Shigeo Yachi (CER Kyoto University)
“How community-based ecosystem restoration can guarantee watershed-scale sustainability: origins and overcoming of scale mismatches in social-ecological dynamics"

14:40-15:20
Tea break @A807

15:20-15:40
Makoto Kobayashi (FSC Hokkaido University)
“Feeding behavior of detritivore determines the plant and soil response to climate warming”

15:40-16:00
Masahiro Nakamura (FSC Hokkaido University)
“Global warming effects on insect-plant interactions in tall trees of
northern forest”

16:00-16:20
Gaku Kudo (EES Hokkaido University)
“Expansion of dwarf bamboo in Japanese alpine ecosystems and its impact on biodiversity”

16:20 -17:00

Michel Loreau
(Theoretical and Experimental Ecology Station CNRS, Moulis)
“Linking biodiversity, ecosystems, and people across scales: challenges for ecology and sustainability”

17:00-17:30
Closing discussion

No registration required. We would appreciate your (while not students.) small donation for lunch and tea.

Contact: kohyama@ees.hokudai.ac.jp
海洋生物圏環境科学特論 I は、10月5日(木)2講目D101教室で開講します。
講義名:環境分子生物学特論II (2単位)(後期前半)
Advanced Course in Environmental Molecular Biology

【日時】:2017年10月4日(水)から  October 4th
毎週、水曜日(Wed)と金曜日(Fri)の3時限 (13:00-14:30)
【場所】:環境科学院 C棟 C202 Environmental Science C202

【担当と日程 Schedule】
三輪 京子 Kyoko MIWA 10月4(水Wed)(Orientation)、6(金Fri)、11(水Wed)、13(金Fri)
鷲尾 健司 Kenji WASHIO 10月18(水Wed)、 20(金Fri)、27(金Fri)
田中 亮一 Ryouichi TANAKA 11月1(水Wed)、8(水Wed)、10(金Fri) 、
山崎 健一 Ken-ichi YAMAZAKI 11月15(水Wed)、17(金Fri)、22(水Wed)

【講義内容 Contents】
植物は生産者として、地球環境およびヒトを含む消費者を支える存在である。本講義では、光合成による植物の成長、環境応答やストレス耐性の分子機構を、進化の観点や応用研究を含めて学ぶ。
To learn plant mechanisms underlying photosynthesis, growth and responses to environmental stress from the viewpoint of evolution and their application.

植物のホウ素輸送体の同定とホウ素欠乏・過剰耐性植物の作出(三輪)
カドミウム、ヒ素の輸送体分子の同定と汚染低減・修復技術の開発(三輪)
植物による土壌からのセシウム吸収とその分子機構(三輪)
Identification of mineral transport molecules in plants for boron, cadmium, arsenic, and cesium generation of plants tolerant to nutrient deficiency and toxicity, remediation of polluted soil by plants (Miwa)

地球環境の変遷に伴う植物の進化(鷲尾)
植物の成長と機能応用(鷲尾)
Evolution of plants for adaptation to environmental change on earth, application of functions in plants (Washio)

光合成のメカニズム、環境応答と光合成、光合成系の進化(田中)
Molecular mechanisms of photosynthesis, photosynthesis in response to environments, evolution of photosynthesis systems (Tanaka)

PGR植物ホルモン(アブシジン酸)の作用(山崎)
PGR植物ホルモン(エチレン)の作用(山崎)
植物と細菌の相互作用(山崎)
Physiological function of plant hormones, interaction between plants and bacteria (Yamazaki)

【言語 Language】
Bilingual Classes (Japanese and English). The language in the class (Japanese and/or English) will be determined by attendance of the students at the first class (Oct 4th).

【問合せ先】: 三輪 京子 (環境科学院 生物圏科学専攻 分子生物学コース) 
Contact: Kyoko Miwa (Molecular biology course) E-mail: miwakyoko@ees.hokudai.ac.jp

後期(前半)開講日について

カテゴリ : 
講義関連
執筆 : 
envsci 2017-9-28 13:22
動物生態学特論II 齊藤先生・野田先生・岸田先生:10月2日(月)2講目 D101
植物生態学特論II 工藤先生・隅田先生:10月2日(月)3講目 A809
生態遺伝学特論I 大原先生:10月3日(火)5講目 C202
生物多様性基礎論(英語) 鈴木先生他:10月4日(水)4講目 D102
生物多様性基礎論(日本語) 鈴木先生他:10月4日(水)5講目 D101
耕地圏環境学特論II 河合先生・荒木先生・山田先生・三谷先生:10月6日(金)2講目 フィード科学センター庁舎1F 106
フィールド科学基礎論 四ツ倉先生他:10月6日(金)5講目 D102
多様性生物学特論II 福井先生・笠原先生・落合先生・小島先生:10月12日(木)2講目 低温研2F講義室 215

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University