会員通信

*** 投稿募集中 ***

 会員通信


環境科学同窓会通信
P 創刊号
  1. 環境科学院での経験から
    田原沙弥香 (一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構)
  2. GSES - The Shaper of Environmental Scientists
    Md. Tajuddin Sikder, PhD (Assistant Professor, Jahangirnagar University, Bangladesh)

1. 「環境科学院での経験から

田原沙弥香 (平成23年3月環境起学専攻修了)

 環境科学院では、専門的な知識をもちながら学外・社会とつながる研究や活動がしたいと思い、研究地を当時JR北海道が運営していた温泉や、夕張の観光ホテルの温泉でデータ収集や測定をさせて頂きました。小さな事ですが、その研究結果は温泉施設でのポスター掲示や新聞へ掲載していただく事ができ、社会とのつながりを感じた経験でした。また、在学中には学外の環境関連施設の見学会を自分で企画する機会があり、ほぼ1人で内容検討から広報、当日の進行まで行いました。この一連の流れを、特に学外の場にて自分で出来た達成感が今の仕事を進める自信と推進力につながっています。
 現在、北海道再生可能エネルギー振興機構にて、地球温暖化防止や地域の活性化に資する再生可能エネルギーの普及支援活動を行っており、北海道に豊富にある資源を活かしたエネルギー循環を地域に広げたいと取り組んでいます。指導教員の藤井賢彦先生をはじめ、環境科学院の先生方を通じて築いた人脈のおかげで今のお仕事をさせて頂いており、私にとって大変貴重な学生生活を送る事が出来ました。
 大学・大学院は自分次第で様々な経験が出来ると思います。是非この環境を活かし積極的に挑戦してください。

 HC講演会


 環境科学同窓修了生講演会のあとに、講演者の方たちから感想を頂きました。
2017年9月29日
山田安秀
 ホームカミングデーにお呼びいただき、久しぶりにエルムのキャンパスの空気に浸りました。 講演内容がお役に立てたかは分かりませんが、行政官にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。 打ち上げの ビールとジンギスカン、懐かしく、また最高でした。 アレンジいただいた関係の皆様、有難うございました。北大と環科研の益々のご発展を祈念します。
講演の様子
Portrait Portrait Portrait
山田安秀さん(2017年)___中山桃子さん(2016年)___田原沙弥香さん(2016年)
2016年9月23日
田原 沙弥香
 現在の再生可能エネルギーに係るお仕事をさせて頂いているのは、指導教官である藤井先生と環境科学院で過ごした日々のおかげなので、とても感慨深かったです。講演の機会を頂き、ありがとうございました。
中山 桃子
 ホームカミングデーに参加させていただきましてありがとうございました。簡単ではございましたが、今回はビジネスから見た気象情報についてのお話させていただきました。今後とも環境科学院で学んだことを糧とし、気象を通じた社会貢献を続けていきたいと思います。

 環境科学交流会 -35年の歩み-, 同窓会設立記念祝賀会


10月6日(土) 15:00-19:00 環境科学院D201教室等, ファカルティハウス「エンレイソウ」 参加者96名

 本大学院は、1977年に「環境科学研究科」として設立され、1993年には「地球環境科学研究科」、2005年には現在の「環境科学院」として発展してきました。そして、丁度35周年の節目の年にホームカミングデー2012を迎えることとなりました。
 10月6日(土)は、第1部として本学院講義棟において「環境科学交流会-35年の歩み-」を開催しました。学院エントランスに設けた受付から講義棟に向かう長い廊下には、まず、本大学院の35年間の「年表」を展示しました。「年表」に続く17枚のパネルには、同窓生の皆さまからご提供いただいた、本大学院のこれまでの様々な活動を紹介する「写真」を展示しました。中には現教員の若き日の姿の写真もあり、廊下には明るい笑い声が響いていました。そして、講義棟D101教室では、環境科学院の4専攻のコース紹介(20コース)のパネル展示を行いました。

コースの説明は、現役の学生たちに担当してもらいましたが、ご来場いただいた歴代の科長、院長の諸先生方も熱心に聞き入ってくださり、若い学生たちに温かいエールを送ってくださいました。これに引き続き、D201教室で「35年の歩みを振り返る」と題して「講演会」を開催しました。
 第2部として、ファカルティハウス「エンレイソウ」に会場を移し、本年度より設立しました「環境科学同窓会」の設立記念祝賀会を開催しました。祝賀会では、佐伯 浩総長が祝辞を述べ、三上 隆理事・副学長が乾杯の発声を行いました。OG、OBのみならず、元教員の先生方、現役学生、現教職員も参加し、終止笑顔が絶えない、和やかで、楽しい祝賀会となりました。本学の中では、まだまだ歴史の浅い同窓会ですが、これからの飛躍の第一歩となる素敵なひと時を過ごすことができました。

Talk
講演会の様子

Talk
コース紹介のパネル展示

北大時報

Copyright © Env. Sci. Alumini Assoc. All Rights Reserved.